イズ

目を回すまるり

A5の本」「B5のノート」ってなあに?
それはどれくらいの大きさか表す言葉。
印刷屋さんのあいだでは、大きさの単位が決まっているのであーる。

出版物標準規格仕上げ表(単位:mm)
   A列  B列
1
841×594 1030×728
2
594×420  728×515
3
420×297  515×364
4
297×210  364×257
5
210×148  257×182
6
148×105  182×128
7
105× 74  128× 91
8
  74× 52    91× 64

上の表からB5257mm×182mmの大きさってわかりますよね。
手元のB5ノートを物差しではかってみて。ね?そのとおりでしょ?

2は1の半分、3は2の半分の大きさになっています。
どんどん半分にしていって、小さいサイズになっているわけ。

他にも下記のような規格サイズがあります。


 ハガキ:150×100(郵便局で売っているのは148×100)
 新書判:182×103                  
 四六判:188×127                  
 四六倍判:254×188                 
 菊判:218×152                   
 菊倍判:304×218                  


お絵描き教室へ戻る