エントリー

2013年08月

中高生「インターネット依存」推計51万人!

厚生労働省の研究班が調査したところによると、中高生の「インターネット依存」は推計51万人だそうです。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0104I_R00C13A8EA2000/

 20歳の大人になっても、抜け出せない事例があるそうです。子供の時に頻繁に熱中したものが大人時代に影響するのはよくある話で…怖いですね!

「自分はまずいかも?」と心配な方は、以下の項目をチェック。このうち5つに当てはまる人は依存状態にあると判定されます。

1・インターネットに夢中になっていると感じていますか?(例えば、前回にネットでしたことを考えたり、次回することを待ち望んでいたり、など)

2・満足を得るために、ネットを使う時間をだんだん長くしていかねばならないと感じていますか?

3・ネット使用を制限したり、時間を減らしたり、完全にやめようとしたが、うまくいかなかったことが度々ありましたか?

4・ネットの使用時間を短くしたり、完全に辞めようとしたとき、落ち着かなかったり、不機嫌や落ち込み、イライラなどを感じますか?

5・使いはじめに意図したよりも長い時間オンラインの状態でいますか?

6・ネットのために大切な人間関係、学校のことや、部活動のことを台無しにしたり、危うくするようなことがありましたか?

7・ネットへの熱中のしすぎを隠すために、家族、学校の先生やその他の人たちにうそをついたことがありましたか?

8・問題から逃げるために、または、絶望的な気持ち、罪悪感、不安、落ち込みなどといった嫌な気持ちから逃げるために、ネットを使いますか?

(以上は、厚生労働省の研究班が行った調査の為の8項目の質問より。福井新聞8/2号より参照転載)

  図書館にある本を全部読んでいたら人生が終わるのと同じように、ネットにある文章を全部追いかけるとまるで竜宮城で遊んでいた浦島太郎のように人生が終わりますので、「ご利用は計画的に」!

※まあ、「子供用のパソコンやインターネットサイトを大人が用意する」という時点でこうなる事は想定内でしたが…。えがきこむはたまにしか更新しないので、必要な時や忘れた頃に見る感じでちょうどいいようになっています!よろしくね(笑)

ページ移動

  • «
  • 1
  • »

ログイン

認証フォーム