エントリー

「スタジオジブリ・レイアウト展」に行ってきました!

 「スタジオジブリ・レイアウト展」。各地で開催されていましたが、まさか福井の県立美術館に来てくれるとは…!

 「空いている時に見よう」と、平日午後に他の用事ついでに寄ったものの

 あまりの作品量(約1400点:公式サイトでは1300点となっていますが、パンフには1400点と書いてありました…増えた?)に、二時間で半分も見られませんでした…。一般の人はさっと横切るような作品でも、アニメ作ろうとした事がある人にとっては興味津々な情報が、レイアウトにはてんこ盛りで

 「ここの野原にヒメジオンが咲いている指示がある!」「手前の雲はこの速度、奥の雲はこの速度で動かすのか!」「えーっ、大きな木のレイアウトのここに小さくロボットがいるらしき指示が!」と一枚一枚丁寧に見ているととても時間が足りません。もちろん音声ガイドは借りました。半分も聞かないうちに、閉館の時間になってしまい…後半は足早にざっと見状態に!

 三月まで開催しているので、絶対また見に行きます(ケツイ)

  ※2018/5/29追記

・展示作品の図録通販はこちら。

・宮崎県立美術館(宮崎県)での開催が、日本国内では最後になるそうです。期間は2018.06.16(土)- 2018.09.17(月・祝)公式サイトはこちら。

-----------

以下は、絵描き的にじっくり見たい人向け情報(折りたたんでおきます)

・美術館に展示されている説明でしたが、

BOOK 1K/0.25mm→

とレイアウトに表記されている場合

「1コマ0.25mmで右方向にBOOK(画面構成上の理由で背景の前に置かれる背景素材)を動かす」という意味です。映画は1秒24コマなので、1コマ1/24秒に0.25mm。つまり、1秒に6mm進ませるという指示になっています。(このあたりを考えながら、各レイアウトをじっくり見ると恐らく全作品を見るのに4時間は掛かるかと)

・BOOKの他に、レイアウトにはアニメ用語が飛び交っていますが、用語についてはこちらのサイトが詳しいかも

関連エントリー

  • 関連エントリーはありません。

ページ移動

ログイン

認証フォーム